shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

公務員試験、教員採用試験、看護学校受験、看護師・管理栄養士国家試験の専門予備校・東京アカデミー立川校から熱いメッセージをお届けします!
立川校の開講講座総合案内ページは こちら⇒
カテゴリ

2011年10月19日

鴇田 亮一先生からのメッセージ

公務員受験生にとって法律科目は専門科目の得点源としては欠かせない科目です。特に数学や理系科目の不得意な受験生の方は法律系科目で得点しない限り合格は厳しいといわざるを得ません。

「法律系」とまとめるのは簡単ですが、すでに勉強を開始されている方はお分かりの通り、憲法や行政法、民法、刑法などは単一の科目の勉強としても相当にきつい科目です。

特に民法は学ばなければならない絶対量の多さに思わず立ちすくむ受験生も少なくないでしょう。しかし、上で述べたように理数系が苦手な人は「捨ててしまう」ことはできません。

では、気合や根性で暗記だけすればよいでしょうか。これもとんでもない間違いです。暗記だけでは試験問題に対応できません。それではどのように勉強すればいいのでしょうか。

まず、法律的な思考力を身につけることが大切です。制度の趣旨や基本的な理念を理解し、「こんな目的でできているならば、こういう制度になっているはずだ。そうだとすれば、この制度で認められている権利を行使するためにはこんな条件が必要なはずだ」と考える論理的な思考力です。

これを身に付ければ厄介な要件や効果の暗記がスムーズにできるようになるばかりか、知識が欠ける部分でもある程度の類推が可能となり、試験会場での応用ができるようになります。講義を聴いたり、基本書を読む際には「何でこんな仕組みができているんだろうか?」という点を徹底的に考える癖をつけることが、実は法律を理解する意外な早道なのです。

もうひとつは試験で出る分野と出ない分野を意識的に区別して、問題の出方に対応する形で強弱をつけて勉強することです。

すべてを覚えるのは不可能であり、不必要です。出題者が公務員受験生に求める知識は司法試験受験生や大学院の研究生に求めるものとは違います。従って、ある程度絞り込むことはできます。そのためには出題傾向の分析と過去問の検討が必須であり、こうした作業を個人で短期間に行うことは困難だからこそ、予備校や模擬試験の利用が大切なのです。

こうしたコツをつかめば合格は間違いありません。皆さんの健闘を期待します。
posted by 東京アカデミー立川校 at 11:20| 講師からのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする